卵日記過去ログ



2012年2月1日 (水) あ、あれー?

●風もそれほど強くは吹いてなかったし、
調べてもこれといったものもないのに
時折地震かのような気がするのは
自分がプルプルしてるだけなんだろうか。
午後にちょっとお脳がクラッときたけど関連性はあるのか。
家に帰ってテレビをつけたら地震速報が表示されたEGGです。(挨拶
今日も早めに寝よう。

●なんだかんだで昨日は
8時ぐらいにウトウトして少し寝て、
起きた当たりの記憶があいまいだけど
完全に寝る前までにポテトチップスの袋が空になってたから
小腹が空いたか塩気が欲しくて食べたんでしょう。
10%増量ののりしお味だったのによく水もなくて食べたなぁ。
しかしぼんやりとした意識の中で食べてるから味わった記憶もないw
悔しいから今日は梅風味のかっぱえびせんでも食べよう。


2012年2月2日 (木) ミシミシ嫌な音がする

●日本海側ほど厳しくはないにしても
物凄い強風で車に乗っててもユラユラするし、
仕事から帰って部屋に行ってもミシミシ嫌な音しかしない。
ハロゲンヒーターで暖まりながら険しい顔のEGGです。(挨拶
寒すぎて眠くなったと思いきや、
温かくなっても眠くなる罠。

●なんにせよ眠い。
今朝は眼鏡が無いなぁと携帯のアラーム止めてから
もぞもぞ手を伸ばして探してみたけど見つからない。
おかしいなと確認してみたらやっぱり眼鏡かけたまま寝てたのね。
よく寝返りでめり込まなかったな。
予備は無いから不注意でポッキリやっちゃうと一大事。

●そしてゲームは悩むよりあるものを消化するかと
まだちょっとデモンズソウルですらビビリ克服できなかったのに
満を持してダークソウルに挑むか挑まないかのギリギリ境界線。
先に電撃大王とファミ通読んでからでもいいかな、と
この期に及んでまだ躊躇ってたりするけど
零と碧の軌跡は発注しようか悩む前に財布の中身が悲しいことになってたので
慌てず騒がず一呼吸置いて先送り。
なんにしても特典CD1枚付けただけでバラバラに買うより高くなるから
様子を見ながらそれぞれいいところでAmazonで注文するつもり。


2012年2月3日 (金) 豆をぶちまけろ

●スーパーのチラシに恵方巻きの写真がたくさん出てるなと
適当にスルーしてたら節分は今日だった!!
慌てて豆をまかなければ、と仕事帰りにスーパーに寄って
わらび餅を買ってきたEGGです。(挨拶
きな粉散らかしてシャランラすればいいじゃない。
原料は大豆だから砂糖も入ってるけど概ね同じでしょ?

●どれだけ寝ればいいのやら、
昨晩も夕飯は早めに食べて部屋に戻ってたのに
ハロゲンヒーターで暖まってたらそのまま寝ちゃって
1時間ぐらいガチで寝てました。
起きてからダークソウル始めるのもなんだかなと
ファミ通と電撃大王を読んで、
普段からすればかなり早い時間だったけど
無理して起きてまですることもないしたまには思い切って寝ようと
とっとと寝たのに変わったのは朝、とりあえずで目が開く時間だけ。
時計を見てまだまだ余裕なのに安心して二度寝したらいつもと同じでした。
損したわけじゃないけどやたらに切ない。

●そんなわけで今日こそは寝ないように目をカッ!!として
ダークソウルをPS3に突っ込んでやろうかと。
中身にまでは突っ込まなくてもキャラメイクぐらいはしておいて
明日の明るい時間にでも始めれば
急激な心拍数の上昇はいくらか抑えられるかなと期待。
デモンズソウルは画面自体が暗めの設定だったから
ある程度ビックリする場所さえ把握してればそう何度も往復しないから
忘れててドキッとしない限りは槍と弓持って安定だったけど
ダークソウルはどうだか分からないだけにブルブル。
そこまでビビリなら最初からやらなければいいのにね!!
そもそもダークソウルも我ながら良くやったなぁと思うから不思議。


2012年2月4日 (土) パリィの練習からやり直し

●キャラメイキングだけでも、なんて言いつつも
11時過ぎにちょっと横になったつもりがそのまま朝まで寝ちゃったので
ぶらり途中下車やメレンゲの気持ちを適度に見た後で
そっとダークソウルを始めました。
チュートリアルを兼ねた最初のステージで早くも力尽きたEGGです。(挨拶
盾で敵の攻撃を弾いて致命の一撃で反撃しようとしたら弾き損ねて刺されちゃった。

●幸先のあまり良くないスタートではあったものの、
1度は床に「逃げろ!!」と書いてあったので素直に逃げたら
ぐるっと回ってまた出会っちゃったので
武器と盾もボロだったけど死体から貰ってきたし挑んでみるかと
先制で空中攻撃を決めてからいい具合に動きまわりつつ、
敵の目の前で回復薬のエスト瓶をグイ飲みしながら攻撃。
生まれを呪術師にしておいたからなのか炎の魔法が使えたけど
発動までの間にボスデーモンに棍棒のようなもので幾度となくぶっ飛ばされたので
おとなしく手斧で少しづつ削ってなんとか倒しました。
テレビとゲーム内設定の都合もあるだろうけど、
少し画面を明るくしないと暗すぎて何も見えない。
見辛いぐらいが仕様なのかもしれないけど、
見えなさ過ぎて怖いので若干調整してやや明るめの設定でGO!!

●なにはともあれ最初のデーモンを撃破した先でイベント。
デモンズの最初の広場のようなホームポイントになるのか
野原にポツンと立たされて再開したので
まずは近場のところにあった篝火に火を点けて復活ポイント確保。
ここで敵を倒した時に得られるソウルを消費してステータスアップができるので
適当に割り振ってから周囲の探索開始。
井戸に腹ばいになって引っかかってる死体から人間性を回収したり、
話ができる人を見つけたのでしつこく話しかけて銅のコインを貰って
ちょっと横の方の道に逸れてみたら敵が走って襲ってきた!?

●声にならない叫びをあげつつ走るとスタミナ消耗するので
小走りで狭い道に逃げてから盾を構えて騎士道精神で各個撃破。
それから改めて脇道を進んでいくとよさげな剣と盾を持った敵と視線がパチリ。
今度は単体、ならば先に仕掛けた方が有利と手斧を振り上げたら
空から火炎瓶が降ってきた。
最初自分の呪術が暴発したのかなと思って気にしなかったら
HPが減ってて非常にまずいことになっていたので
即座に敵に背を向けて逃げてエスト瓶で回復。
その後で追いかけてきてた剣と盾の敵を手斧振り回してなぎ倒し、
階段を上って行ったら犯人発見。
恨みはらさでおくべきかとたじろぐ敵に手斧を構えて迫っていくと
後ろから急に現れた影に切り付けられて再度退避。
振り向きざまに見たらさらに奥からまだ剣と盾持った奴がいたようで
待ちかまえていたかのように先制とられて襲われました。

●卑劣な敵の罠にも負けず、
ほぼエスト瓶の回復だけでゴリ押しして敵を討伐したことに気を良くして
さらに違う道を見つけて進んで行ったら墓場で骸骨出現。
「ハハハ、君たち剣士だけなら馬鹿みたいに切られない限り
エスト瓶飲みまくって倒しちゃ」
4体に囲まれてフルボッコ余裕でした。
その後でそーっと近づいて確認したところある程度の範囲内に入ると
2体1セットで立ちあがってホネホネロックし始めることと
先ほど倒した敵とは別格の強さで今の武器じゃろくにダメージ通らなくて
呪術なら2発で1体倒せるけど8発しか撃てないので
1発でもスカしたらほぼ殴り負けて終わり。
どうしようかと周りを眺めながら途方に暮れていたところ
「少し戻ったところがいい具合に崖なのでおびき出せればどうにかなる!!」
早速試してみたところ簡単にとはいかなかったけど撃破は容易に。
「骨だけだから脳みそ足りてないんじゃないのー?」
小馬鹿にしながら進んで行ったら大きな骸骨剣士にぶっ飛ばされました。
あんなのいるなんて聞いてねぇよ……。(言われてない
しかし頭の中身は一緒だろうと告白を装って
同じ崖まで呼び出してから手斧で軽くプッシュしたら
ものの見事に落ちました。(崖の下に

●ここまでの間に何回死んだか分からなくなりつつも
また別の道を見つけたので進んでみたらエレベーター。
結構深いところまで降りるなぁと思ってたら
小ロンド遺跡なるところに着いたので軽く散策。
まず降りてすぐのところは雑魚敵が祈ったり壁に張り付いてたりしてて無害。
ただ崖のところで寝そべってる奴だけはイラッときたので
強攻撃で崖下に落としておきました。
その先で鍛冶屋らしき人にあったけど特に用事は無いのでスルー。
遺跡にちょっとだけ入ってみたら手の長い女の人?がいて
キュンとしたと思ったら両手付き刺してHP半分持っていきやがった。
これはイカンと逃げた先が袋小路。
火防女のソウルといういかにもレアっぽいものを見つけたけど
振り返ると手長族が小道いっぱいに詰まってて僕、大人気。
かき分けて進むことも許されずさっくりやられてスタート地点の篝火に強制送還。
さて、どこに進めば幸せになれるかな……というところが現在地点。
むしろどこを目指せばいいんだろう。


2012年2月5日 (日) まだまだ逝くよ〜!!

●ダークソウルの世界で人間性を叫ぶ。
アイテム使ってないのにいつの間にか増えてたりするんだけど
特定の敵を倒すと増えるのかな?
一度死んで置き去りになったソウル回収し損ねると一緒に無くなるけど。
変なところで死ぬと回収に向かってる最中に足を踏み外して奈落の底に落ちる
いかにもなパターンを飽きずに繰り返すEGGです。(挨拶
安全地帯を見つけるとその周辺からしばらくの間は動けない。

●ソウル=経験値=お金なのでステータスばっかり上げるのに使うと
折角物陰で潜んでた商人を見つけても何も買えず
「冷やかしか!!」「クズは朽ちろ」etc酷い言われように涙。
ならばいっそ店主を殴打してくれようか、と思うけど
下手に重装備で反撃されたら泣くに泣けないので拳を握って我慢。
終盤になっても持ち歩くことに得は無いからソウルは使いながら歩くから
常にビンボーだろうけどロストするよりはよっぽどいいやい!!

●さて、そんなこんなでチュートリアル後の野原から
どうしたものかと迷いに迷って歩いていたら
物凄いところから水路に入れる隙間があったので
これは隠し通路見つけたか!?と進んでみたら
別に隠してるつもりはない通路だったようで
そのまま1本道で城下不死街に着きました。
ここなら敵も2、3発でボコボコにできてどうにかなるぞ!!
油断してると火炎瓶投げてくるやつを含む集団にボコボコにされるけど。
あと途中の篝火に辿り着くまでに道だと思ったら
実はそれは窓枠でそのまま落下死すること複数回。
もう少しゆっくり進むべきだと悟ったところで火炎瓶投げつけられて
逃げ込んだ狭い部屋には敵が3体。
必死に回復のエスト瓶飲みながら倒しました。
それに安心して部屋から出たところにでb>頭上から火炎瓶。
着弾した炎でダメージ受けるだけならまだしも、
あまり頭で受け止めてるとパンチパーマになっちゃうよ!!

●そこからさらにもうちょっと行くと分かれ道。
上りと下りだったので両方少しづつ覗いてみてから決めようと
下に降りたらこれまでの雑魚とは違うちょっと強そうな騎士がじっと待機。
これは危ないとそそくさと上への階段を上り始めたら
ちょっとよそ見した瞬間に火のついた樽が落っこちてきてて
見事なまでにクリーンヒット。
胸毛までパーマにしようってのか。
豪快に体で受け止めたのを確認したからなのか
落とした犯人らしき奴が軽快に降りてきたので全力でパリィして致命の一撃。
散々失敗してきてるからこんなところで上手くいくとは思わなかった。
その先はどうも正規ルートというか単純に進む道だったので
少し戻って篝火で回復。
エスト瓶も補充してさぁ行くぞ、と建物の外に出たら
倒したはずの敵が小走りで近づいてきて「えっ、えっ?」
直前に商人からようやく物理ダメージカット率100%の盾を買っておいたので
きっちりガードしてからの反撃で事なきを得たものの、
どうやら篝火で休憩すると倒した雑魚敵も休憩して復活する模様。
と、いうことは……。
案の定振り返ると火炎瓶投げ込まれる通路の先の狭い部屋の敵も元気になってた☆

●それでも1度分かってるものは対処も考えればいいので
部屋の入り口入ってすぐのところで火炎瓶はギリギリやり過ごしつつ
正面から来る敵の攻撃をがっちりガードしてからの反撃で撃破、
先ほどの階段下の強そうな敵に奇襲で炎の呪術を投げてみたら
結構なダメージ通ってるのにゲージの減りが少ない=HP結構ある
しかも物騒極まりない重厚そうな剣と楯構えて追いかけてきた!!
ターゲットロックしておけば背を向けて逃げることもないので
適度に距離をとりながら隙を見つつ呪術でHP削っていって、
どうにか制限数の8発を放ったところで倒したら
即座に持ってた剣と装備強化用の鉱石をドロップ。
文字で書くとつまらないけど思いのほか心臓には悪かったので
それから少しばかり篝火で休憩→復活した敵を倒す→得たソウルで能力アップ
という作業をしてソウルレベル16になったところで終了。
火のついた樽は2個目はなかったようで敵だけは復活するけど倒すのは慣れたので
階段を上った先からの続きはこれから。


2012年2月6日 (月) E:折れない心

●ダークソウル進行中。
一番最初に行くべきエリアの最初の方に
「心が折れそうだ」とメッセージが書いてあると
千歳飴のように折れても砕けない心なんだろうか。
そんなことを思いながら城下不死街を探索。

●もういいかげんソウル集めるだけの作業になりそうだったので
不死街の地形は概ね把握したからアイテムの取り残しもないだろうし
いざ最奥のデーモン倒しに行こうぜ、と軽い気持ちで出発。
床のメッセージでまもなくボスだと分かったけど
その手前に謎の扉。
万能鍵を貰っていたので専用の鍵が無いと通行不能な場所を除いて
結構な扉がパカパカ開いちゃうのでここも迷わずカチャリ。

●らせん状の階段で少し降りると踊り場、
また少し降りると踊り場の同じ作りで3か4層。
降り切る前に大きな剣を持った黒い騎士にロックオンされて
のそのそ追いかけてきてドキッ。
しかし距離はあるしちょっと前に細身の黒い騎士は倒した。
これはこのまま距離を取りながら焼くしかないと
勇んだはいいけど盾もでかければ装甲も厚みがあって
倒した騎士はノーガードなら99ダメージ入ったのが
この騎士は43ダメージ。
しかもゲージの減りが悪い=HP多いようでびくともせず。
ならばこちらも物理ダメージカット率100%の盾があるんだから
攻撃スカらせてその隙にサクサク切っていこうかと思ったら
ガードして1回目は良かったけど
そのままスタミナゲージが回復しないうちに2撃目を防いだら
スタミナが足りなくて防ぎきれず、
真理も見てないのにそのままHP全部持っていかれたッ!!

●あいつは、見なかったことにしよう。
そう、目的はデーモンを倒すことなんだ。
篝火からまた同じ道を同じように進んできて今度は扉をスルー。
階段で上の方に上るとトカゲがいたので追いかけて倒したら
装備強化用の鉱石落としたけどまだ使い道は無い。
いかにもな白いモヤの先に出たら橋のような幅のない通路。
しかも適度に壊れてて落下死注意。

●振り返ると梯子がかかって上に上がれるようになってたので
まずは向こう側の様子を見ようと登ってみたら弓兵士。
2匹でウゴウゴしてたのでさっくり処分。
そこで待てど暮らせど何も出てくる気配が無いので
もしかしてこの先に広い部屋でもあるのかと橋を歩きだすと
中ほどで空から牛頭のデーモンがドスーン!!
お前、どんだけ高いところから降りて来たんだよ!!
ビックリして背中を向けて振り向かずに逃げて梯子を登ったら
デーモンは梯子を登れずジタバタしてたので
これはチャンスと飛び降り攻撃を決めてやりました。
重力加速度の分だけ攻撃に重みが増して大ダメージだったので
これを繰り返せば勝てると急ぎ梯子を登って2発目。
「喰ら……えっ?」
何故か不発でデーモンの頭に着地→滑ってそのまま橋の脇の奈落へ落下。
ありえん。

●殴り合いで負けたならともかく滑り落ちて死ぬとかないわー。
同じ場所まで戻るのにこなれてるのがまた嫌なんだけど
折れる心もないからてくてく戻って第2戦。
今度は馬鹿な死に方はしないで勝って先に進むんだ!!と
梯子を登ってたらその途中で思い切りブッ叩かれて死亡。
あー、うん、待ってる義理はないよねー。
……そんな馬鹿な!!

●不用意な発言(独り言)や決心は死亡フラグにしかならないなと
無言の無心で挑んだ第3戦はエスト瓶こそ使ったけど
きっちり飛び降り攻撃4回で勝利。
一応盾を構えて警戒しながら道なりに進んでいくと
頭にはバケツ、胸には太陽のマークが入った鎧のだせぇ騎士がいたので
背後から斬ってしまおうかと思いながらも会話。
見た目で分かるけど自分を太陽の騎士だとか言ってた。
あとは聞き流してたら困った時に使えと石くれた。
でも生者の時じゃないと使えないらしく、
1回死んだら即亡者だから役に立つ日はくるのかな、これ。

●で、進むべき道は反対だったのかとカメラ回してみたら
デモンズの時も見たような橋に焦げた跡。
うん、これは後ろから容赦なく火を吐きながら飛んでくるから
カメラの先に見える脇道に全速力で逃げ込めばいいんだなと
迷わず走り出したら目線の先に赤いヤツ。
「え、前からも来るの?」
ドリフもビックリの焦げ具合で熱さに悶えながら避難。

●エスト瓶飲みながら頭だけ出して確認したら
ヘルカイト←火を吐いてきたやつは部屋の入口にいて
今走ってきたおかげで距離は残り1/3というところ。
しかし近ければその分丸焼きにされる危険も増すだけで
下手に逃げ込んで詰んだかと困ってたら
威嚇なのか時々部屋の入口の上部に張り付くのを止めて前に出てくるので
その隙に腹の下を走りぬけて部屋の中にローリング回避でダイブ。
部屋の中央にもっともらしく篝火があったので即座に着火して回復。
すると部屋の外に見えるはずのヘルカイトが消えたので
この部屋に入るとどこか別の場所に飛んでいくのかなと
外の天気でも見るかのように外に出たら
正面からこんにちわー!!!
まさかの対面で火を吐かれて急いで部屋の奥まで逃げたけど
室内全面火の海で即死級の大ダメージ。
亡者が上手に焼けましたー!!

●気を取り直して部屋の中にあったレバーを動かして
開いた道を進んで行ったら正面は城門のような大きな扉と横に変な小部屋。
もしかしたらアイテムあるかも、と小部屋に入ると螺旋階段。
上下の分かれ道だったから
高いところからこの先のフロアの敵の位置でも見ようかと
直感で上に登り始めるといつか見たような足。
く、黒騎士だー!!
即座に逃げたけど当たり前の話、どこまでも追いかけてくるので
ちょっとした段差で頭の上から呪術の炎で焼き尽くし大セール。
これでさっきのふとましい騎士みたいに装甲厚かったらどうしてたんだろ。

●ビックリしすぎてそのまま上に登るのを忘れて下に降りると
ネズミが3匹いる小さな部屋に到着。
ネズミは毒を持ってるので下手に直撃を食らうと危ないから
盾でしっかりガードして1匹ずつ確実に撃破。
部屋の外が窓枠でそのまま落下死の危険は身を持って知ってるので
そーっと外が見えるところの様子を見たら
案の定どっかの淵みたいな足場の狭さ。
これ、走り出したらあの世まで止まらないじゃん!!
フロムの怖さを改めて認識しつつ周囲を伺うと
その狭い足場からカメラを回すとヘルカイトさんの横顔。
あ、これが噂のそげキング地点なのか!?
喜び勇んで弓と矢を適当に買ってきたけど
まさか弓の装備条件足りてなくて性能ガタ落ちのままで使ってたら
飛竜の剣貰うまでに外した分も含めて7〜800本近く射ったはず。
ここまでで心はともかく精神的に疲れたので中断。
次は不死教区の探索から再開。
当たり前だけど一気にやるもんじゃないね、これ。


2012年2月7日 (火) 篝火が温い

●ここまでは順調にきたけど
この先は細かいアイテムの回収やら
以前の装備じゃ圧倒的不利すぎて勝てなかった敵へのリベンジ戦で
かなりの勢いで進行スピードが落ちそうなダークソウル。
一気にやるもんじゃないけど間が開くと感覚を忘れる。
デモンズソウルとは違う攻め方なのも慣れない原因か。
今回は回復アイテムに回数制限あるから力押しは厳しい。
何事も死んで覚えるEGGです。(挨拶
前作はボスのデーモン倒すと自分が復活できたはずなんだけど今回はそれもないのね。

●ヘルカイトから飛竜の剣貰って不死教区に入ったところから再開。
篝火が温いわ―。
ヘルカイト狙撃地点に行ける小部屋はスルーして進むとちょっとした広場。
盾を構えてトコトコ歩いてたらこっちに気が付いた奴が走って逃げた!!
追いかけようとしたけどメタリックな猪がフンカフンカしてるので断念。
距離を詰めたら案の定突進してきたけど柱の陰でやり過ごしてセーフ。
帰り際にモーニングスターで尻を叩いてみるけどダメージ7。
不毛すぎて切なかったけど折角だから使ってみようと
飛竜の剣で叩いたら驚きの20ダメージ。
これはいいやと突進誘発させてカキンカキンしてたら
倒したと同時に猪な兜をゲット。
これ、めちゃくちゃ重いけど地味にレアアイテムらしいよ?

●そんなことしてる間に逃げたやつがレバーを引いて門をガシャン。
なにやってんの!!
ブライトさん調でクワッと言ったからなのか
弾幕は薄くなかったのに頭上から弓兵が2体で狙ってきたので
先ほど猪をやり過ごした場所から駆けあがって即成敗。
全部じゃないけど中にはちゃんと近づくと剣に持ち替える奴もいるのね。
一つ学んだところでそのまま地下道を前進。
するとマントの騎士が颯爽と参上。
でもそんなに強くない!!
不用意に仕掛けるとカウンターで致命の一撃貰うけど
こっちが待ってる分にはそこらの雑魚と一緒。
複数が一気に攻めてこなければどうということはない。

●さらに進むと教会の正面入り口の脇から出て
さっきレバー閉めたやつと感動の再会。
出会い頭に両手持ちの飛竜の剣で斬り捨てておきました。
レバーもちゃんと引き直して門も解放。
だけどこれ、また篝火で休憩して復活したら同じことするんじゃ……。
その時はその時でなんとかしよう。

●教会に入ると横からマントの騎士キター!?
盾は構えてても横からじゃ意味なし。
致命の一撃頂きましたー!!
いてぇよー!!
ハート様の怒りは3体をあっという間に駆逐。
エスト瓶も底をつきそうなのでそろそろ篝火がないか探してたら
奥の方から大盾持った黒騎士出てきちゃった!?
けど弱かった。
ガードしてから反撃、距離を取ってスタミナ回復してからガードして反撃、
これだけでラッシュはしてこないから余裕。
その際に2階からレーザービーム飛ばして来た奴がいたので
階段駆けあがって物凄い数の亡者をなぎ倒しながら問い詰めて説教。
やはり魔術師タイプ、接近戦は苦手だったようで楽勝。

●階段を駆け上がる時にエレベーターらしきものが見えていたので
魔術師を倒して安全を確認した上で戻って乗ってみる。
これで着いた先がボス戦だったら詰むなぁと思ったけど
有難いことに最初の野原へのショートカット開通。
篝火で他だと注ぎ火してないからエスト瓶5本のところを
10本補給してホクホク顔でUターン。
教会脇にまだ道があったのを家政婦卵は見ていた。

●弓兵1体と剣盾の兵士が2体いたけどガードからの反撃でスルー。
一本道を進むと小部屋に到着。
なんかカンカン音がする。
だけどさらに前に進めそうだったので行ってみたら神殿。
入口の脇に玉ねぎが座ってた。
きめぇどうやら神殿の扉が開かなくて途方に暮れているそうで。
知らんがな。
戻ってなんとなく分かるけどカンカンうるさい音の正体を確認しようと
小部屋の階段を降りたら篝火。
エスト瓶10本に補給してきてるから即座に得られる恩恵は無いけど
復活ポイントとして登録。

●そのさらに下に降りてようやく音の主、マッチョな鍛冶屋を発見。
あまり強力な強化はできないけど今の盾より若干受け率のいい盾を売っていたので
買ってその場で即強化。
足りない分の素材も売っていたのでソウルさえあれば楽勝で+5に。
それだけでもホクホクなのにこのマッチョ、
「気をつけて行けよ」
地味に優しい。

●こんな世界でも優しい人はいるんだな、
ほっこりしながらマッチョの見つめる先にある部屋に入ってみたら
かなりの大部屋に出tデデデ、デーモンいるぅー!?
くっ、そういう意味での「気をつけろ」だったのか!!
これはしてやられたぞチクショー!!
ひとまずは撤退したものの、
様子を見ていると遠距離攻撃の動作中は隙だらけなので
これはいけるんじゃね?と呪術の炎で狙撃開始。
8回の使用回数が終わってもまだHPが削りきれなかったけど
そこは飛竜の剣の真価を見せるべきと両手持ち。
実はこの剣、両手持ちで強攻撃を出すと衝撃波出せたりするんですね。
武器の耐久力をかなり消費するのでそこまで理不尽じゃないけど
能力の足りないまま使う弓よりは実用的だとブンブン振り回して辛くも勝利。
デーモンの楔なるアイテムを貰ったのでマッチョに見せたけど反応なし。
これも単なる強化素材の1つなんだろうなぁ。

●その先にちょん、と扉があったから開けてみたけど
真っ暗で鬱蒼とした森だったのですぐ閉めて見なかったことに。
本来の目的地である教会の屋上の鐘を目指して梯子を登っていくと白い壁。
これはボスだろうなと覚悟を決めて出て行ったら
屋根の上でガーゴイルとバトル。
ん、この感じ、いつかどこかであったような……。
馬鹿みたいに持ってる武器を振り回してくるだけなので
屋根から落ちないようにガードで凌ぎつつ反撃してたらガーゴイルの斧ゲット。
使えるかどうかは後で確認しようとそのまま戦ってると
ようやくボスの体力を半分にまで削ったところで2体目襲来。
うん、予想はしてた☆
前作でもこんな展開になった記憶があったので片方をさっさと倒そうと思ったら
無視してる方が元気に火を吐いてきてHPとスタミナを削られて
対峙してる方が武器でゴリ押ししてきたら……死ぬよねー。

●油断はしてなかったけどエスト瓶飲むタイミングを誤って2回目もやられたけど
3回目にしてボロボロになりながらも勝利。
固定ドロップか知らないけどガーゴイルの兜を手に入れて、
今の装備よりは重かったけどそこそこカッコ良かったので使うことにしました。
足もマントの騎士から貰ったやつにしたら総重量と防御力がかなりアップ。
オシャレになったところで鐘をガランガラン鳴らしてゴール。
帰り際にどこに隠れてたのか教戒師と名乗る変態変人がいたので
呪いを解けるアイテムを買っておきました。
高いと思ったけど他じゃ見かけないからやむを得ない。
で、マッチョの上の篝火で休憩して今に至るわけだけど
次は……どこに行けばいいんだろう。
一度エレベーターで火継ぎの祭祀場(これがスタート地点の正しい地名)に戻って
エスト瓶を10本補給してから考えるけど
一番手近なのはマッチョの先の扉を開けた真っ暗な森。
そーっと歩いていって敵が強かったらまた考えることにして
行くだけ行ってみようかと思ったところで次回に続く。

2012年2月8日 (水) 力持ちになったという解釈

●流石に平日でそこそこの時間まで違うことしてたら
大して進捗はなかったダークソウル。
それでも起動しただけたいしたもんだと
自分で自分に驚き。
いいんだ、ソウルレベルが1しかあげられなくても。
どこまでも現実から目を逸らしたがるEGGです。(挨拶
ハッとするとお腹痛くなったから寝た。

●ソウルレベルは1しか上がらなかったけど
その間に処理したこと。
牛頭のデーモンがいたところの扉の向こう、
階段を下りた最下層にいた黒騎士にリベンジ。
盾も強化してあるし、スタミナも少しは増えてるから
もうガードしたけどHPまで全部削りきられて即死はしないと信じて。
パリィは全力で狙わないけど背中は狙う。
ここまでの戦いの中で分かってきたのと思い出したところもあって
カメラワークで目が回りそうな勢いで動いて
イラッとして攻撃してきたところで地味に反撃。
時間こそ無駄にかかったけどかなり余裕を持って戦えたので良かった。
勝利のお宝は装備重量の最大値が上がるハベルの指輪。
指輪装備スロットが余ってるからその場で装備。
これで多少は重い装備に変えてもローリングは軽快なはず。

●それからショートカットのエレベーターに乗ったら
停車はしないけど降りられそうなポイントを見つけたので
思わずローリングで途中下車。
ただの崖っぷちかなぁと思ったら足元にメッセージ。
「ここだ!!」
たまにただの絶景ポイントに「ジャンプが有効」なんて
みえみえの罠が仕掛けてあるけど
落ちても即死するほど地面から遠くないしいいかと飛んでみたら
狭いところを上手いこと伝って階段を発見。
登ってみたらカラスに威嚇されただけだったけどね!!
後で必要があったらまた来ようと帰り道を探したら光るもの発見。
アイテムは拾っておこうといい感じにジャンプして調べたら鍵。
これ、最初のチュートリアルやったところの鍵だけど……使えるの?

●結局次にどこに行ったらいいかのヒントもなかったので
どうしようもなかったら昨日暗くて怖いからスルーした森にでも行くけど
順番としては合ってるのかな。
そもそも正しい順番なんてないような気もするけど。
行きたいところに行ってできることをすればいいんじゃね?というのは前作も一緒。
ただ、前作はいくつかのエリアでステージ分けしてあったからまだ良かった。
今回は歩いてると急にエリア名がズーンと出てきてそれだけだからね。
篝火が明確な境目になってるわけでもないからなんとも。


2012年2月9日 (木) 眠れないのか寝ないのか

●面倒なことがまとめて処理できたと喜ぶべきなのか、
一気に来るから急激に疲れが出ていつまでも取れないのか
悩むのも疲れるので少し目を閉じたらさらなる厄介事の電話。
俺は何も悪くヌェー!!(噛んだ
今週末こそ静かに過ごしたいEGGです。(挨拶
そして静寂と平穏の中でダークソウルを進めたい。

●何はともあれ現状報告。
あまりあちこち探し回ってもヘルカイトさんに焼かれるので
行けるところがあるなら行ってみるしかないかと
暗くて怖そうな「黒き庭の森」を歩いてみることに。
よっぽどじゃなければすぐ逃げてこればいいんだからさ!!(←精一杯の強がり

●とりあえず、暗い。
足元に光る花が咲いてるのでそれを頼りにトコトコ歩いて行くと
道が狭くなってるので足元注意。
カメラを動かしているとザザザという音がしたので慌ててカメラ修正。
すると奥の方から草人間というべきサバイバル仕様の変なのが走ってきて
結構リーチの長い攻撃で襲ってきたので盾でしっかりガード。
うん、見た目はともかく脅威ではないなと油断した瞬間、
頭から喰われた。
ボタンガチャで降りほどけないかと焦ったけど
HP半分持っていかれたよ……。

●HPはすぐエスト瓶で回復して草人間は処理したけど
あまりに驚いてどっちから来たのか分からなくなったので
適当に明るいほうへ進んで行ったらまぁ凄い崖。
山道とでもいうべきなんだろうか。
細い道を少し行くと折り返してまた進むと折り返す。
そうしてしばらく行くと光るものを見つけたのでHPを確認してジャンプ。
セット装備一式拾ったけど今の装備のほうが良かったのでがっかり。

●そこで終点かなと思ったらまだ先があるので注意して前進。
またアイテムの光らしきものを見つけて近づいて行くと
折り返しのところから1段下に飛べばそのまま拾えるけど
帰り道なかったらやばいよなー、なんて悩んでたらいきなり斬られた。
ウェイ!?とカメラ回すと斧槍装備の黒騎士が武器を振り上げて手荒なご挨拶。
すぐさま盾を構えながら器用に崖をバックで登って少しでも広いところに避難。
そこからは毎度おなじみガードからの反撃だけでやり過ごす安全第一方式。
今回は場所が狭すぎて無理に背中狙うと足滑らせて落ちるわけにはいかないので
正面からスタミナを切らさないように注意しながら確実にカウンター。
作業的に倒してから調べたら黒騎士の上がってきたあたりから脇に入れて
アイテムはそのまま回収できました。
前作は槍、凄く使ったんだけどなー。

●さらに先に進んだら大分広い場所に出て、
なんだ、こっちで戦った方が良かったなと歩いてたら
すっごい水晶なゴーレムさんがいるー!!
わーきれいだn(ぐしゃあ
うん、分かってた。生きてただけラッキーだね。
すぐさまエスト瓶飲んで高台に避難。
下の方でうごうごしてていい具合にハマってたので
呪術の炎で容赦なく焼いておきました。
ふぅ、と遠くを見つめて見たら同じような色で動く影。
え゛。
1体じゃなくて複数体いるぅー!!
すぐさま崖を登って最初の道まで大脱走。
その時にそっと落ちてたソウルも拾って逃げたきたから結果オーライ!!

●本線に戻ってきて安心したのかヨタヨタ歩いてたらスーッと下へ。
状況を理解した時にはもう手遅れ。
あれだけ足元には気を付けてたのに自ら崖に歩いて行っちゃった☆
まだ敵にボコボコにされて死んだわけじゃないから
改めてその場所に行くまでに死ななければソウルと人間性の回収は容易いけど
精神ダメージはかなりのもの。
マッチョな鍛冶屋の前を素通りして急ぐけど慌てずに元の場所へ戻って
そーっと失くしたものを回収したら今度こそ足元に注意しながら壁を伝って奥へ。

●奥まったところにはあからさまなレンガの壁と光る玉が怪しい扉。
まずレンガの壁にローリングで体当たりして通過。
案の定篝火があったのですぐさま着火。
最初にここまで来れてれば復帰が楽だったのに。
光ってる扉は仕掛けで開かないらしいので諦めてすぐ脇の道へ。
これ、歩いた先で合流して扉は単なるショートカットってオチはないかな。
案外ありそうで怖いよなーと抜けた先に石の巨人。
うわ、でけぇ!!

●しかし攻撃はガードできるし、魔法唱え出すと隙だらけなので
足を遅くする魔法みたいだけど先に倒しちゃえばいいじゃないかと
スタミナの限り剣を振り回して撃破しつつ進むことに。
相変わらずの草人間やら木に絡まってるヘビやらを叩いてたら
とあるでっかい木の前に「攻撃が有効」のメッセージ。
どういうことだろうと攻撃してみたら木にダメージ表記。
そこで即座に理解して何度か叩いて伐採。道があるよ!!
その先は赤いエイと石の巨人がいたけど倒して進んでいくと
いかにもなところで狼の指輪を回収。
強靭度がアップするらしいので早速装備して篝火へ。
どこで増えてるのかわからないけど人間性が4もあったので
失う前に試してみようと捧げて亡者から復活。
うーん、マンダム。(何

●いい顔になったところで再度石の巨人がたくさんいるところを調べたら
階段がある部屋の目立たないところに
植物で隠してるつもりの白サインを発見。
これが噂の仲間召還サインか!!
ガーゴイルでも呼べると聞いてたけど見つからないからソロでやっちゃったけど
復活したから見えるようになったのかな?
呼ばれて飛び出てきたのは魔女。
これは頼もしいと喜んだけど、それってつまりボスがこの先にいるって事?
嫌な予感しかしないまま階段を上がると白い霧。
いや、その直前の曲がり角で景色の奥のほうにちょうちょ見えてるし……。
飛んでるやつに攻撃するには回数制限のある呪術の炎しかないから
魔女にすべてを託すしかないと覚悟して突入。

●ふたを開けたら魔女すげー強い。
ソウルの矢を2種類駆使して自分はローリングしてちょうちょの攻撃避けてたら
ほぼ全部の攻撃に被弾しつつも単独で撃墜してくれたw
ちょうちょこと月光蝶のソウルを入手したらそっと消えちゃった。
寂しく一人で月光蝶のいた奥の建物を上っていくと
祈るようなポーズで固まってる鍛冶屋がいて、奥にそっと残ってる種火を回収。
後でこれはマッチョにあげるとして様子見のつもりがボスまで倒しちゃって
本当にどこに行けばいいのか。
鐘は2個あるはずだからもう1個がどこかにあるはずなんだけど
ノーヒントでどうやって探せばいいのか。
地味に石の巨人が落とすソウルが600で美味しいから倒しながら探索を続けます。


2012年2月10日 (金) 存在を忘れかけてる

●昨日はくたびれすぎて寝ちゃったから
ダークソウルどころかPS3に電源を入れることすらなし。
そういえば一昨日になるかな?本体アップデートしたけど
PSNが名称変更したとかなんとか。
アカウント自体に変更は必要ないらしいけど、
これってVitaと連動の名目を借りた過去の不具合大精算じゃないの?
そこまで難しく考えてないけど某ネットスーパー思い出したEGGです。(挨拶
そっちはオープンし直して同じミスやらかしたんじゃなかったっけ。

●ひとまず土日の休みが確定したので
今日は少し無理しても問題なし。
なのでちょっとどこに行ったらいいか適当に走り回って探してこよう。
最初に攻撃の当たらない幽霊に襲われた遺跡と
どこだったか間違って辿り着いてドアを開けたら地名が出たので
そのまま引き返したところもあるし、行くところが無くなったわけじゃないけど
鐘を2つ鳴らさないといけないらしいので
もう1個どこかにあるはずなのを探さないといけない。
つまるところどこかしらに見落としてるものがあるんだろうなぁ。
案外つまらない所に見落としてた道があったりするから困る。
単純に注意力不足なんだけどね!!


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット